恋愛上手と心の余裕


相手が左から振り向いてしまったら、ヒトとしてしか見ていない(恋愛の対象として可能性×)ということです。
男としては異性に夢見るもの、一番に選ばれたのは 「優しさ」。優しさというのはつまり「思いやり」のこと。それを感じることが多い動作としては絶対に「譲る、誉める、喜ぶ」。これら3つの動きが最も大切。
あなたと相手の話の途中に、口説きたい相手が、あなたをまっすぐに見てくれてまばたきの回数が少ないようであれば、口説かれたいと思っている可能性というものが濃厚というわけです。
あなたが過去の想い出があなたを縛り付けるなら、捨てていないどんなものも好きだった人との想い出を思い出させるようなものは捨てるべし!そうじゃなきゃ売ってみろ!これがルール!
「今日のぶんは私が払うから、今度は君がごちそうしてね(笑)」などと言えたならば、女性にどうしたらいいのかなという気持ちを感じさせないうちに、場の空気を和やかにして、もう一回の甘いデートの約束に持ち込むことになるだろう。
それは確かに実際によく考えればその通り、きれいごとかもしれない。だけど、理想通りになったらいいなとか、空想的だって理解していても真剣に願うのが恋愛に違いない。
よく見る例では、少し距離のあるとこから意中の男を呼んでみたときに、早足で近づいてきたり、走って近づいてきてくれたら、気になるという気持ちを抱いているチャンスがかなりあるでしょう。
「にこにことした笑顔=認めていますよ」ということ。相手の人の自分に同意してほしいという気持ちを尊重して満たしてあげることができる技術なのです。あなたのジョークや話をきいてくれて笑っていただけたら喜ばしい。


大分県で浮気調査に強い探偵をお探しですか?