髪のダメージ診断

髪へのダメージが気にならない女性は、いないと思います。髪がパサつく、毛先が傷む、スタイルやカラーリングが思うように決まらないなど、さまざまなダメージがあると思いますが、これらのダメージについて感じたことがあるなら、それは危険信号です。さまざまな原因がありますが、自分はどんなことに気をつければいいのか、ヘアケア、ヘアスタイル、ライフスタイルに分けて、ダメージ診断をしてみましょう。ヘア美人になるために、自分の髪について知りましょう♪ ヘアケア編 ・シャンプーをするときは、毛先までゴシゴシ丁寧に洗う。 ・髪が濡れた状態の時にブラッシングを行っている。 ・髪を乾かさないまま寝てしまう。 ・お風呂は熱いほうが好きで、髪を洗う時も熱いお湯を使う。 ・ドライヤーを使うとき、髪にヘアケア剤などは何もつけていない 以上の項目にチェックがついた人は、髪のキューティクルをどんどんはがし、パサパサ髪に一直線です。正しいヘアケア方法を知り、髪のキューティクルを守りましょう。 ヘアスタイル編 ・2~3か月に一度、カラーリングを行っている。 ・年に3回以上パーマをかけている。 ・ロングヘアを目指しているので、髪を切らずに伸ばしっぱなしにしている。 ・巻き髪命!ヘアアレンジにヘアアイロンを使うことが多い。 ・毎日、ワックスなどのスタイリング剤を使い、ヘアスタイルをキープしている。 スタイリング剤は、つける量を間違えると毛穴に詰まって地肌にダメージを与えてしまうことも...。ダメージを最小限に抑え、しっかりとしたケアをしましょう。 ライフスタイル編 ・日中、冷房や暖房の効いた部屋で長時間過ごしている。 ・夏によく、海やプールに行く。 ・アウトドアスポーツが大好き!休みの日は外で過ごすことが多い。 ・お酒を飲むとき、おつまみや料理をたくさん食べる。 ・揚げ物やこってり系のメニュー、甘いものが大好き。 肌が日焼けや乾燥でダメージを受けるように、髪もダメージを受けています。また、脂分を多くとることで、皮脂の分泌を過剰にしてしまい、髪へのトラブルになってしまいます。頭皮ケアや髪のUVケアをしっかりとして、いつまでも綺麗な髪になるように心がけましょう。 二俣川のブルースカイ BlueSky